家電製品の処分のために利用する

- 家電製品の処分のために利用する

家電製品の処分のために利用する

現在家電製品はなかなか気軽に捨てられるというわけではありません。
特に家電リサイクル法の対象になっているエアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機については自治体で処分を受け付けていないので、自ずと民間の不用品回収の業者に依頼することになります。
ここでは業者に依頼する際の注意点なども紹介していきます。

民間の業者に依頼するのが一般的

家電製品などの粗大ごみは分別や捨て方についてものすごく厳しくなっています。
不用品として処分をするのであれば、民間の不用品回収の業者に依頼することで煩わしい作業についてはすべてやってくれます。
民間の業者であれば家電リサイクル法の対象4品目だけでなく、パソコンやその他の家電製品についてもきちんと処分をしてくれます。


違法業者には依頼しない

きちんとしている業者に依頼するのはいいのですが、中には無許可で家電製品の処分を行っている業者もあります。
家電製品を何でも無料で処分しますという触れ込みで回ってくる業者もありますが、こういうものには騙されないほうがいいでしょう。
こういう業者によって違法投棄された場合に、依頼した方にも罰金が科せられることがありますので注意してください。
家電製品などの粗大ごみを処分しないといけなくなった時には、違法業者に依頼するのではなく、きちんとした業者に依頼するようにしたほうがいいでしょう。
特に家電リサイクル法の対象4品目やパソコンの処分については気をつけてください。

  « 前の記事: を読む